土地活用の方法

家賃相場から家賃を設定する方法

土地活用のうちアパートやマンション、または一戸建てを建て、部屋を貸し出し家賃を得るという方法があります。しかし、その家賃は家賃相場によって定める必要があります。家賃は、低すぎると収益性が悪化してしまいますし、高くしすぎると空室率が増加するため、やはり収益性が悪化します。そのため、付近の家賃相場を参考に家賃を決める必要があります。 適正な家賃を設定することで長期的に安定した経営を行うことが可能です。また実際に土地活用をはじめる前に投資金額に対して、家賃相場から収益性を逆算し、実際に経営が可能であるかどうかを想定しておく必要があります。家賃相場は、主に周辺の賃貸物件の家賃を調べて、その平均的な数字を算出するのが一般的な方法です。

家賃相場を調べるための方法について

家賃相場を調べる場合には不動産会社などを通じて知り得ることが可能です。また地価や建物の建築費や維持費などを計算して最低限の家賃を調べることも可能です。基本的には、どの賃貸物件も地価と建築費で設定されており、それより高いところはあっても安いところは存在しません。 また家賃相場の中でもポイントとなるのが、保証金や礼金の設定です。近年のトレンドでは、保証金や礼金をなくすケースがありますが、基本的には設定するのが一般的です。特に礼金は大家さんに対するお礼のお金という意味があり、家賃収入とは別に得られる利益と言えます。また保証金は、家賃未払いのさいの担保となるお金ですが、退去時の原状回復にも充てられるので重要なお金になります。この保証金や礼金も家賃相場を見て設定する必要があります。