手軽にできる

最も手軽な土地活用

最も手軽な土地活用の方法と言えば駐車場経営です。アパートやマンションと言った建物を建てる土地活用の方法では、大きなお金が必要です。ですが、駐車場経営であればそこまでのお金は必要ではありません。出費の面で優れた土地活用の方法であると言えます。 加えて、相続税が課税される際は優遇措置の適用を受けることができます。土地の評価額を最大で半分に減額してくれるという制度が相続税法にはあります。この制度は、マンション等のような貸家業でなくても、駐車場経営でも適用を受けることができます。 駐車場経営は、出費が少なくてすみ、かつ相続税も節税できるという、とてもありがたい土地活用の方法です。使っていない土地があるという方は、ぜひ検討してみて下さい。

相続税を簡単に減らせます

土地活用の方法は様々ですが、中にはとても簡単に相続税を減らせる土地活用の方法があります。例えば、マンション経営による土地活用がそれに当たります。 マンションの借主は法律によって保護されています。マンションは借主にとって生活の拠点となる場所となります。その場所を貸主の気まぐれで簡単に奪われるなんてことになってしまうと、安心して生活することができません。そのため、貸主は正当な理由がなければ、借主を出て行かせることができません。 このことについて相続税は、貸主のその土地に対して持っている価値が大幅に減っていると考えます。結果、その土地の評価額を減額し、相続税を減らすことができるのです。 相続税を減額できる多くの手法には色々な要件がありますが、この方法には貸すこと以外に要件はありません。土地活用するだけというとても簡単な方法なのです。