Apartment-building

手軽にできる

最も手軽な土地活用の方法と言えば駐車場経営です。お金もそこまで必要ではなく、良い土地活用ができます。また、土地活用は方法によって相続税を減らせる土地活用の方法があります。

詳しく読む

土地活用の方法

家賃相場は、主に周辺の賃貸物件の家賃を調べて、その平均的な数字を算出するのが一般的な方法です。また家賃相場の中でもポイントとなるのが、保証金や礼金の設定です。基本的には、なくさず設定するのが一般的です。

詳しく読む

確実に収入を得る方法

これから太陽光発電投資をする時はまず専門業者を決める必要があります。それぞれを比較してから優良業者を見つけ出しましょう。

一括借り上げについて知っておきたいこと

新聞広告や雑誌の広告、あるいはテレビのワイドショーなどで一括借り上げという言葉を聞いたことがある人も多いと思います。一括借り上げは、不動産投資目的で新築マンションを購入したオーナーの代わりに不動産会社などがその建物を借り上げ、一定の家賃をオーナーに支払うことです。これによりマンションに空室が出たとしてもオーナーは空室があるかどうかに関係なく家賃分の収益を上げることができるのです。そのように考えると、オーナーとしては一括借り上げの仕組みを理想する人も殺到するはずです。ですが、ここに一つ大きな問題があります。それは家賃保証はその額まで保証してくれるわけではない点です。つまり、その住宅の劣化や老朽化に合わせて家賃も減っていくのです。

オーナーにとっての脅威

家賃が減るのはおおよそその不動産会社も2年おきぐらいに家賃の改定を行うからです。改定をして増えることはあまり考えらず普通は家賃が減少していきます。家賃が減少する理由は、年々空室が増えるからです。空室が増えるとそのしわ寄せは不動産会社に来るかオーナーに来るかのどちらかですが、一括借り上げの仕組みはオーナーに負担させる仕組みです。そのために2年に1度家賃の額を改定する決まりを定めているのです。逆に言えば、一括借り上げでオーナーが儲かる条件は、できるだけ空室を出さないことです。これはその立地の問題も大きいのですが、それ以上に近くに新築マンションが立ち並ぶことのほうがよほどオーナーにとっては脅威なのです。

SUB MENU

共同で行なう

多くの人から注目を集めていることがあります。それは「みんなで大家さん」と言われる方法です。この方法は1人で不動産投資を行なうのではなく、複数で不動産投資を行なう方法となっています。

詳しく読む